ダクロン®中わた使用 『清潔ふとん』

清潔で快適な眠りのために開発された革新的な寝具用高機能性中わた素材
ダクロン®中わた使用『清潔ふとん』

浅尾繊維は、ダクロン®中わたを使用した布団を生産している、日本有数の「清潔ふとん工場」です!

●現在、日本の全人口の約1/2の人が、何らかのアレルギーを抱えていると言われています。
アレルギーの原因とされるダニアレルゲン(ダニの死骸やフン)やハウスダスト。
寝具メーカーである浅尾繊維では、アレルギーをお持ちの方はもちろんですが皆様の寝具環境を見直し、快適な睡眠をしていただくために、清潔ダクロン®中わたを使用した寝具をオススメします。
「 人生の1/3は寝具の中で過ごしています! 」今日から寝具環境を見直してみませんか?

世界地図ダクロン®中わた とは?
ダクロン®ブランドは、1959年にアメリカでインテリア製品向けの充填材として提供を開始した、世界で最も長い歴史を誇るポリエステル繊維ブランドです。
50年以上の歴史で培われた技術北米(アメリカとカナダ)をはじめ、南米やアジア太平洋地域など世界各国で広く愛用されています。
ダクロン® 中わたは、耐久性や親水性などの機能を備えた製品をラインナップに持つ【洗える高性能中綿素材】です。
防ダニ剤などのアレルゲン対策用の薬剤を使用しない低刺激性の繊維ですが、ふとんを丸洗いできるので、アレルゲンを効果的に除去できます。
繊維1本1本に特殊コーティングを施し、親水性を高めることで洗いやすさをさらに追及した製品もあります。
繰り返し洗濯をしても繊維が固まらず、ふとんの柔らかい風合いを維持、中空繊維技術による保湿性も兼ね備えた高性能繊維です。

●ダニとアレルゲンsleep_futon_dani

【 ダニアレルゲンについて 】
気管支ぜんそく・アトピー性皮膚炎などは、ダニアレルゲンが原因で起こるといわれています。
ダニアレルゲンは、ヒョウダニ(コナヒョウダニ、ヤケヒョウダニ)と呼ばれる「チリダニ」のフン及び死骸に多く含まれています。
家庭内に生息しているダニのほとんどが上記の2種類のヒョウダニ、総称して「チリダニ」となります。

【 ダニが好んで生息する場所は? 】
ダニが好む環境は暖かく湿った場所で沢山のエサがある所・・・そう!いま使っているおふとんの中です!
人は寝ている間、コップ1杯分の汗をかくと言われています。汗をかくとふとん内部が蒸れ、ダニの好む環境になります。エサは、寝ている間剥がれてくる人の皮脂やフケになります。ふとんの中は、ダニの繁殖に適した環境となってしまうのです。

【 ダニのフンや死骸がアレルギーの主な原因です(ダニアレルゲン)】
ダニの寿命は約3ヶ月ですがその間、ふとんの内部で繁殖を続け、どんどん死骸やフンが蓄積されていきます。
ダニの死骸やフンは、乾燥して粉々(ダニアレルゲン)になり口や鼻から体内に侵入し、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす原因となります。
チリダニ(約0.35mm)の体はとても小さく目に見えませんので、そのフンがいかに極小かお分かりいただけるでしょう。

【 ふとんの中のダニアレルゲンを取り除くには、洗い流すのが効果的! 】
掃除機で吸う、日に干す、ふとん乾燥機を使うなど、ある程度ダニを取り除く方法はありますが、不十分です。
一番効果的な方法は「ダニアレルゲンを定期的に洗い流す」ことです。
ご家庭の洗濯機、コインランドリーまたは手洗いをすることでダニの死骸、ダニのフンの約90%が流れ出ます。

※インビスタ合同会社資料を引用しています。

ダクロン®中わたは、様々な特徴を持った「洗える高機能中わた素材」があります。
浅尾繊維がおススメする、ダクロン®中わたを使用したお布団で気持ちいい睡眠を・・・。

( ご家庭、コインランドリーで洗われる場合は、品質表示の洗濯絵表示をよくご確認の上お願い致します。

●浅尾繊維が使用している、ダクロン®中わたのラインナップ

ダクロン®中わたは、米国インビスタ社が開発した高機能ポリエステル素材で、丸洗いが可能です。さらに多彩で特殊な繊維の断面、マイクロファイバーや粒わた加工技術との複合により、「清潔で快適な睡眠」を実現します。

『DACRON®FRESH 7-hole Fiberfill』
(旧ダクロン®クオロフィル®アクア™)

断面7つ穴

空気を包み込む7穴中空繊維
幾何学的にデザインされた7つの穴を持ち、軽量性、弾力性のある中空繊維です。繊維の重なりあいによってできる層と、7穴の複雑な構造が、無数の空気の部屋を作り、熱を逃がさず、暖かさを保ちます。

◎気軽に洗えてふんわり暖か。洗濯のしやすさを追求した、最先端の洗える中わたです。
繊維に施された特殊なコーティングにより、素早くしっかりと水になじむ(沈む)ので洗いやすいです。また、繊維そのものは水分を吸収せず、コーティング効果で繊維表面の水分が拡散されるため、乾きやすい素材となっています。このコーティングの特性は、就寝中に体内から放出された水分を、素早く拡散、放湿。寝具内に水分を溜めにくく、ふとん内を蒸れにくい環境に整えます。

『DACRON®FRESH 4-hole Fiberfill』
(旧ダクロン®アクア™)

断面4つ穴

4穴中空繊維
繊維の中に空気を含むことで、保温性を高め、暖かさを維持させることを目的として開発された、中空繊維テクノロジー。

◎洗濯のしやすさを追求した特殊デザイン。繊維表面でしっかりと水となじみながらも、内部に水分を吸収しないので、洗いやすく乾きやすい素材です。さらに収縮しにくく、ヘタリにくい特徴もあります。また耐久性にも優れており、10回の洗濯試験(弱流・マイルド洗い)した後でも元の厚さの90%以上を保ちました。

アクア親水性2水になじみやすい特殊コーティング

『DACRON®FRESH 7-hole Fiberfill』『DACRON®FRESH 4-hole Fiberfill』は、
特殊コーティング加工を施してあります。
水面に浮いたままにならず、素早く水になじみます。
そのため、繊維のすみずみまでをくまなく洗うことができます。
(←写真:Ⓐ特殊コーティングを施した中わた Ⓑ普通のポリエステル中わた)

『DACRON®NATURAL FEEL Soft-as-cloud fiberfill』
(旧ダクロン®ドリームエッセンス™)

◎「雲のふとんがあったら」そんな空想しながら設計・開発されたのが『DACRON®NATURAL FEEL Soft-as-cloud fiberfill』です。
寝具に使われる中わた。実はやわらかさとふっくら感を両立させるのは難しいのです。やわらかさを追求するために繊維を細くしてゆくと、反発力(ふっくら感)が損なわれてしまいます。
◎『DACRON®NATURAL FEEL Soft-as-cloud fiberfill』は、一般的に使用される繊維の1/3の細さのしなやかな繊維に、長年の研究・開発によって培った表面処理技術と捲縮技術(繊維一本一本にばねのような立体的な構造を付与する技術)をバランスよく組み合わせ、細繊維のやわらかな風合いを保ちながら、長期持続するふっくらとした感触を表現することに成功しました。
この中わたは、数字に表すことができない快適さを追求します。

『DACRON®NATURAL FEEL Down-like Fiberfill』
(旧ダクロン®ダウンエッセンス™)

ダウンエッセンス現物2羽毛のような感触と保湿性を研究して開発された、つぶれやへたりに強い、特殊な形状をしています。
この球状の中わたは、羽毛のようなふんわりふっくらとした感触を生み出します。そしてわたが側生地内を自由に動くことで、通常の繊維系詰めものでは実現できないなめらかな柔らかさを実現し、就寝中の身体に心地よくフィットします。

◎革新的なファイバーフィル技術で、水鳥のダウンボールを再現
特殊な構造設計と表面処理で羽毛のような風合いを再現し、ふんわり感を持続させる高い耐久性を持つ、低アレルゲン素材です。素材自体は無臭ですので、羽毛特有の臭いが気になるという方におすすめです。
洗濯が可能なので、臭いのもととなる汗や皮脂などの汚れや、アレルゲンとなるダニやホコリが気になるとき、ご家庭で丸洗いすることができます。

『DACRON® Fiberfill』(旧ダクロン®レジリエンス®

断面1つ穴優れた充填性と、かさ高性を誇る中わた素材です。独自のテクノロジーで最適な立体捲縮(けんしゅく…繊維がちぢれている事)加工を施したこの繊維は、バネのような働きで、少量の充填量でも、ふっくらとした感触と、しっかりとした反発力を実現します。『DACRON®Fiberfill』は、1穴中空繊維です。

【ダクロン®わた使用『清潔ふとん』の洗い方】

①洗濯機容量・洗濯表示確認
お洗濯の前に洗濯表示・洗濯機容量をご確認ください。製造方法・使用側の生地によっては、縮む製品もありますのでご注意ください。敷ふとんは、重量と充填物の関係から、コインランドリーや業者洗濯をおすすめします。illustration01

②事前チェック
目立つ汚れは事前に取り除き、洗濯機の大きさに合わせて縦に3つ折り、4つ折りし丸めてください。
(詳しくは、ご使用の洗濯機の取扱説明書に従ってください。)

③専用のネットに入れるillustration02
ふとんを専用洗濯ネットに入れます。(ネットがいらない機種はそのまま入れます。)

④洗濯機で洗う
中性洗剤を1/2の濃度に薄め、よく洗剤を溶かしてからふとんを入れてください。枕などは浮きを防ぐため、2個同時に洗濯するのが理想的です。また、ふとんが水になじむように、下に押し込んでください。漂白剤の使用は絶対にお避け下さい。illustration03

⑤すすぎ・脱水
十分にすすいだ後、脱水してください。

⑥乾燥・日干し
中わたをよく揉みほぐし、形を整え、風通しの良い場所に日干しします。乾燥機の利用については、使用している乾燥機の取扱説明書に従ってください。(タンブラー乾燥機のご使用は、絶対にお避け下さい。)illustration04
天気が良ければ1日で乾きます。

 

 

商 品 紹 介

このカタログの敷ふとんは、中芯(ポリエステルシート)が入ってるので、ご家庭では洗えません。
コインランドリーや業者洗濯をおすすめします。

 

 

関連記事

PAGE TOP
error: Content is protected !!